2018年4月22日日曜日

再戦。南へ再び。 最後にギア紹介

どうも、ヌーです。
アラジンの歌知ってる??

みーせてーあげーよー♪
かーがやーく せかーい♪
プリーンセース♪ 
じゆーうの はーなーを ほらっ♪(ここでズボンを下ろして、履いていた花柄のパンツを見せる)
めーを ひーらいてー♪ こーのひーろい せかーい♪
っていうネタを思いついて早数年経ちましたが、いっこうに使う機会がないので誰かに差し上げます。使ってみてくださいm(_ _)m

ということでね、大潮の日と仕事が空いちゃった日が何故か重なりました、なので行きましたw



4/13
ハンモックイベントのプレと称したキャンプに参加。
仲間とハンモックに揺られながら焚き火とワイン、
ゆらゆらが酔いを早めるw

これからハンモックキャンプのいい時期だなぁ

4/14
早朝一人で撤収、家に帰って荷造りして羽田へ。
夜にはフェリー乗り場のある島に着。
予約してあった安宿にチェックイン。

4/15
朝2のフェリーで島上陸。
しかしスコールみたいな雨・・・
様子を見てたらやんできたので歩き始める。
雨がふると道路に彼らが大行進をはじめに大勢で出てくる。
踏まないように歩く。


国民に大事にされてる亀さんにも会う

1時間ちょい歩いて浜に出るとビーチクリーンして
たので少しだけ俺も参加する。
そこから超早足で目的地までかっ飛ばす。
普通早くて一日はかかる所を半日かからずぶっ飛ばした。
途中のジャングルもバッサバッサ歩く。
平均速度3.5km/h 島でこれかなりヤバイ。
ジャングルあるし、岩歩きあるし。
だって早く釣りたいんだもん・・・
頭の中ではずーっとone ok rockが流れてたw
ジャングル歩く時は、グローブしたり長袖着たり、
なるべく肌は出さないようにしてるのね。
そんでジャングルから出てきて履いていた
レッグウォーマ脱いだらモモの部分のゴムみたいな所
に原型のないなにやら虫の死骸、潰れて黄色い液体・・・
毒だったらどーしよ・・・海で洗う。
ジャングル危険w
キャプ1白、死亡。


つってこの間ベースにしたところに到着。
この前と同じところにw






でも、雨・・・

雨宿り、幕下でコーヒー
流木が濡れてるので今回はエスビット大活躍。
砂ほじってたらこの間無くした
釣りで使う1cm位の金具を発見!
ゴミにはすげー気を付けてるんだけど、
これは探せなかったんだ、前回。
これを拾えただけでも来た意味あった!!


小雨になったのでカッパ着ながら竿を振り続けるも
No Fish.

4/16
朝一ダツが釣れたのみ・・この切ない目


潮が引いてリーフエッジに行けるようになるまで待つ。

コーヒーが美味い!
焚き火でニオイが付いて美味いのか、
シチュエーションが美味いのか。

潮が引いてからエッジに立って釣り。
イシフエダイかな?
それとよくわかんないやつ

オールリリース・・・狙いのGTはかすりもせず・・・
まぁ途中で諦めて小物狙ったんですけどもw

小腹がすいたのでこの気持を貝にぶつけるw






すると何やら船が浜につけられるではないか!
二人組をおろして船は去る。
近くに来たおじさん二人組に話しかけるヌーおじさん。
どうやら釣りに来たらしい。
そして明日迎えに来てもらうらしい。
つーか二人はエサ釣り、そうブッコミ釣り。
投げて底に沈めて待つ釣りだから
リーフの切れ目までの距離が遠いと
糸がリーフにすれてしまうから、
できる環境と言うかポイントが限られる。
ここらでできるのは俺が一番目星をつけていた
前回大物を逃したポイントのみになる・・・
さすが釣り師、
色々探した挙句まんまとそこを発見、てかそこしかない。
まじかよ・・・
一気にやる気がなくなる・・・
釣れる気のしない他のポイントで気を紛らすが
釣れるはずもない。

4/17
朝一そのポイント付近に投げるが
人の気配が一晩中あったので狙いの魚はいるはずもなく。
一晩中やってた二人は底物大漁。
まぁ、俺の海じゃねーし・・・
二人共すげーいい人だし、二人は楽しめたみたいだし・・
いいかw
船が迎えに来たので、全てにやる気を失った俺はこう聞いた
「俺も乗せてもらっていいすかー?」
「いいよー」
船ヒッチハイクww
なんかもうここ秘境感ゼロだわ・・・

釣りに来てた二人もいい人だったけど、
船長もすげーいい人だった。
帰りしなに釣りさせてもらった、あざっす!
途中からトローリングに切り替え、
船長と俺で竿を出しながら港へむかう。
ヒットーーーーーー!キハダマグロ小 
船長の竿にww
俺は何も釣れなかったけど、
船からポッパー投げさせてもらっただけで満足。
まぁそこで満足している時は釣れないんだよな(笑)
ガソリン代にと少しだけお支払して、
いい人たちと別れ宿へ。
ビール

翌日ボスの所へ。宿に入り、潮が引くのを待つ。
この日は「浜下り」
つってみんな潮干狩りをする日らしい。
それくらいいっぱい潮が引く。
昔はこの日に赤ちゃんを海水につけたり、
女の人が家の仕事をしちゃいけなくて浜で遊ぶ日だったり、
そんな日らしい。
釣りはルアーには反応が薄いのでサンマの切り身を使う。
仕掛けは糸に針のみw
切り身を2個位投げて、
その後に針に付けた切り身を投げ込んでフリーフォールさせる。
糸が出たらベールを返してどーんっ!と合わせる。
ボスに「食えるやつは逃がさないで持って帰ってこい!」
と言われたので食べられるのはキープ。
ミーバイ、クチナジ、ムルー。
こいつらがこーなる↓

ボスの店にて。

さらにはイノシシの炙り!皮付き! 
バグース!でヤーマンでしょ!! 最高。


つって翌日帰る。
そうお仕事まってるから・・・
島から現場が渋谷とか・・・ギャップが・・・(笑)
そんなリベンジできないリベンジでしたとさ。

また行くかな。課題は残る一方w

今回のギア

バックパックはトレイルバムのバマー改
(ウエストベルト、フレーム)
フレームはエバニューのマットで
プラ段を両面テープでサンドしてただ入れるだけw





sea to summitのライナーに突っ込む中身はこんな




上の白いのはBorah Gearのビビィ(オーダー)、
その右
グレートコッシーマウンテンのコッシルシェルター
一番左の図面ケースに竿入れて
ポールと共に山と道のミニマリストパッドでくるみ
これは別荷物。
飛行機の預け荷物の時はこんな。
歩きの時はこれをサイドポケットに入れて取っ手にしてた細引きを
使い上部はバックパックに固定。
黄色いのが釣り道具、
その右は883designsのウエストバッグ、
青いのが着替え、
その横はまな板
Zpacksのキューベンの袋に入った
ハイランドデザインズのミニモキルト。
白い百均のソフトケースにはリール、ペグと細引き。

その右は防寒着とカッパ、
モンベルのサーマラップジャケット、
ハサミでハーフパンツにしたGoliteの
カッパズボンと
Zpacksの先代のブリーサブルキューベンのカッパ。

青いZpacksの食料袋には食料4日分と鍋
ストーブはなし、エスビットだけ持っていった。
浄水器はスーパーデリオス。
上陸前にはスピリタスも購入。

ポールはレキ。
着替えは
ダーンタフ、ウールT、山と道の5ポケッツショーツ、
モンベルのウールボクサー、手ぬぐい白、
ジャングル用兼釣り用グローブ。

着ていたのは
ダーンタフ、
モンベルのレッグウォーマー(厚いやつ)、
山と道5ポケッツショーツ、
モンベルのウールボクサー、
アイベックスのT、
パタゴニアキャプリーンデイリー、
安物のフリースシャツ。




あとはいつも持つ自作エマージェンシーキット
とか小物
とか醤油
とか粉わさびとかとか。
食料込で家で測ったら8kg、
空港の預けるところでは7.2kg??何この誤差は(笑)
まぁ食料込で8kgちょいと思えば間違いないかな。
釣り道具なきゃ何キロだよ!って軽さ(笑)
釣具は
TULALA ポルタメント73
海外シマノ ビーストマスター
Penn スラマー3 4500にPE3号300m
リーダーは師匠と話した結果のフロロ20号多分80lb。
今回はビーストマスターばかり使ってた。

ま、こんな感じ。
やっぱりバマーで動けるのが楽だわー楽しいわー、
軽いって自由!

次はいつかなぁ・・・
夏は日高行きたいし・・・
渓流行ってないし・・
サーフィンしたいし・・
デートしたいし・・・
うーんっやっぱGT獲りたい!
なんつって。




2018年3月29日木曜日

南へ part3 軽くギア紹介

雑にギア紹介するヌーです。

いきなりいきます。


バックパックはトレイルバムのサンプル。
そんでキューベンのライナー(zpacks)


左からグレートコッシーマウンテンのコッシルシェルター、Borah gearのビビィ、使わないけど一応ペグと浜で寝る時は細引き多め(ペグ代わりに石つかったり、枝結んで埋めたり)一応T’s stoveのside-b、焚火缶、縦に半分に切ったエマージェンシーシート。


Highland Designsのミニモキルト。↑これは旧型だけど、新しいの潜らせてもらったけど新しいやつヤバイ・・
更に軽くて暖かくて広い・・・いいやつ新しく作らないでよ・・・欲しくなるから。
そんで定番、間違いない、山と道のマット、ミニマリストパッド。細くカットしてさらにミニマム。今実測したら45g・・・・・笑けてくる。なのに寝られる。

あとはナノパフ、キャプ1、山と道5ポケッツショーツ、ウールT、ウールボクサー、Zpacksのカッパ、靴はカスケーディア、ポールはレキのカーボンなどなど。
浄水器はスーパーデリオス、プラティパス2リットル。
などなど

釣り道具は


竿はTULALA ポルタメント73s イヌクシュク、海外シマノ ビーストマスター。
リールはペンのスラマー3の4500とバトル5000。
普段は使わないグローブはハンドランディングの為とジャングル歩き用。

ルアー
ちょいデカめ用
左側
サーフェスクルーザー     
ブルポップ       
トビペン
小ムラポップ

右側
ファルコン160
ファルコン160
K-ten
アスリート貫通
チャムツゥイッチャー


オカズ用↑
ショアラインシャイナー
バッハ マッスルショット
Face70 チャムツゥイッチャー
D-contact85
フィードポッパー120
ブリット
D-contact72と63

ざっとこんな感じ。


2018年3月28日水曜日

南へ part2

やっぱり記憶の熱いうちに書こっかな、つって頑張ってみる。
あ、ヌーです。

3/19 
日が上がる前に目が覚める。6時前、「竿を振れ!」と誰かに言われてる気がする。いつもは起きてまずコーヒーなのに一口だけ水を飲んで、薄暗い中竿を振り始める。少し離れたとこにタープを張る相棒はまだ寝ている。ここは少し湾のようになっていて反対側のリーフ近くまで様子をみながらいろいろ試す。うっすらと明るくなりはじめる。
キャンプとは湾を挟んで反対側のリーフとビーチの切れ目で事件は起こった。
水深10mちょいあるかな位のリーフと砂地の切れ目辺りに俺の投げるポッパーが着水。
細か目のアクションでザシュザシュザシュっ♪
イメージは軽めのポッピング+ドッグウォーク、たまに派手めのポップでバシュを織り込む。
「ヌワーンっ」ルアーの後ろがもじる。
次のアクションで水柱が立つ「ザバッ!」
合わせを入れると同時にアホみたいな勢いでドラグが出る!
「やばい・・・これオカズ用の弱いタックルだ・・・」PE2.5 リーダー60lb
ドラグが止まらない。タックルが弱いため弱気になり、魚は弱ることなくどこまでも糸を出して行ってしまうんではないか?と不安になる。
「やばい・・・が、とにかく目の前にあるリーフに糸を擦って切らないようにしよう、よし砂浜へ行くんだ!」っとドラグを少しだけ締めながら砂浜へ走る。
「まじか・・・ぜんぜん止まらない・・ドラグ締めたのに勢いが変わらない・・」
糸はどんどん出ていく。
今まであげてきた50cmや60cmのヒラアジの引きではない、その1.5倍以上はあるんではなかろうか?
スプールに軽く手を当てハンドドラグをかける。
竿は大きく曲がっている。TULALA Portament73s 信頼している竿だがこの魚を相手には弱いか?
「いや、いける!」問題はラインか・・・
そんなことを頭の中で考えてると一定の早いスピードで出ていた糸がさらにスピードを上げた。
「ジーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ」
「やばい・・・」
ラインはまだまだあるが、一気にスピードを上げドラグ音が早くなったことにビックリしてビビってハンドドラグを強くかけてしまう。
「プツッ・・・」
切れた・・・
糸を回収するとノットの結束部から切れたっぽい。
おかず用のラインシステムはオルブライトの変形で結束していた・・・
「まじか・・・あいつルアー持っていってしまった・・・」
「生きられるかな・・?外れて欲しい、ルアー・・・生きててくれ!生きてくれ!ごめん・・・」
釣りあげられなかったことより、獲って食うか、獲ってリリースできなかったことに申し訳無さや後悔や反省で泣きそうになる・・・生きてくれ・・・
ビビってハンドドラグ強くかけたこと、常にFGノットを使用していなかったこと、後悔しかない・・
肩を落としキャンプに戻る。
落ち着くために火を起こし、コーヒーをすする。
相棒が起きてきた。
一部始終を話し
「俺多分あいつが今回のピークで、獲るべき相手だった気がする、魚への申し訳無さと後悔でいっぱいだわ」
相棒が
「今日これから行く所は大物がいるはず、そのための練習と言ってはあれだけど、その魚のおかげで大物がかかっても次は落ち着いてファイトできるんじゃない?」と
コーヒー飲み、朝飯食いながら気持ちを今回の目的の場所での釣りにシフトしていく。
が心のモヤモヤは取れない・・・
目的の釣りへの準備を始める。
もっと強い竿
強いライン
でかいルアー達
軽食と水

潮が引き始めたのを合図にキャンプはそのままにして出発。
行くのに一時間半、リーフの上をキャンプ地に向かい戻りながら釣り1時間強、帰り1時間かなと予想。
まだリーフの上は歩けないので岩を越え越え目的地へと向かう。
途中大きな滝で全身水を浴びる、禊、洗体、モヤモヤ気分消し。
真水はやはり気持ちがいい。
気分が少し良くなった。
ここらへん、と決めていた場所に着くがまだ引きが足らずリーフの上には立てない。
潮がいい感じに引くまでの間に軽食、コンビニで買っておいた小さなマヨネーズを相棒に半分あげて「飲む」w 疲れを感じていたのでこれは効いた、マヨネーズw
軽く食って、一服。
タックルを用意する。FGノットを組むが形に納得いかず、もう一度組む。
「よし、完璧だ。さーかかってこい!」
潮もいい感じに引き釣り始める。膝下位までは下がってきたここからさらにスネくらいまでは下がるだろう。
ここは今までいた場所よりも生命感が強い、足元をカスミアジやウツボなどが逃げていく。
波がある・・・波が来ると腹まで濡れる・・波に持って行かれそうになるのでエッジのギリギリには怖くて立てない。

常に波に注意しながらキャストを続けながらキャンプ地方向にポイントをずらしていく。
でかいポッパーやらペンシルやらミノーを投げるが全く反応がない。
少しサイズを小さくして投げ続ける。
潮が引ききって、止まり、そして上げに入ってからアタリがコツンっと、針にはかからない・・・
ルアーのサイズが小さい方が反応があるようだ、ベイトが小さいのか?120mm-130mmのルアーには反応する。少し移動すると確実なアタリ、そして合わせを!・・・・バレた・・・
実質1時間ちょいやったら潮が上げてリーフのエッジでの釣りはできなくなった・・・・
おわた。はぁ、おわた。

キャンプに戻る。
力が抜けてなんもやる気しねー

夜はオカズも獲らずにありモノで済ます。
はぁ、明日もやりたけど午後から荒れる雨予報。
明日帰るか・・・人里へ。
焚き火しながら二人で反省会。
一口スピリタスやけ酒w
速攻効いてコロンと寝ちゃう。

3/20

またもや「おいっ!竿を振れ」と目が覚める。
そして竿を振る。
一投目にしてヒット。どうやら120mm位の方が釣れるようだ。
あまり大きな魚ではないので寝ぼけながらも気持ちに余裕。
竿は大きく曲がっている。


オニヒラアジ。こいつが今回の最大魚・・・この倍のやつ狙ってたんだけども・・・
その後相棒と釣りしていると相棒が足元を見つめていた。目をやると、なんと!!

昨日持っていかれたルアーが波に打ち上げられていた!!針が伸びまくっていたけど、結束部から切れたリーダーとともに戻ってきた!!
「あぁ、神様ありがとう!あの魚を生かさせて、もっともっと長生きさせてください!ありがとう」
デカイのが釣れるよりも嬉しかった。まじ。

シェルターを片付け、荷造り。
来た道を戻る。
が途中潮が多くて渡れない箇所にぶつかる・・・今まで引いてる時リーフの上を歩いていたから気が付かなかった・・
2階建ての屋根位、俺のキライな怖い高さ・・・
左から巻いて様子を見に行くが裏にはロープがかっているものの信用できないしデカイバックパック背負いながらの降下は危険と判断。荷だけを下ろすロープもない。
「引くまで、釣りする?」とお気楽判断。
相棒に大きなカスミアジのチェイスがあったが俺は小さいミーバイのみw
森側に桑の実を見つけ相棒を呼ぶ。
止まらないフレッシュな食い物(笑)
普段ならいい感じに熟した甘いのが美味しく感じるが、今は酸っぱい少し色の薄いやつがめちゃくちゃ美味しく感じる。うまい、ありがと自然。
そんなんしてたら潮も引き、ジャングル越えて、バッタバッタとかっ飛ばして人里へ。のつもりがもう1つ難所が出てきた、こちらはクラックに手突っ込んでみたりクライミング遊びしながら越える。落ちても海だから怖くない(笑) うんでバッタバターと歩く。
道路についた途端、雨&強風。
傘が裏返る。
ビッショビショの体のまま宿へ。
やさしいねーちゃんの受付を済ませ、速攻風呂。湯船があって助かった。
反省会&晩飯&ビール。
そりゃ寝る。

3/21
レンタカーして、俺達のボスに会いに行くが不在。宿をとり、車で釣り。
ちゃっかり淡水でも釣る。
マングローブジャック小

オオクチユゴイ

これでこの島での釣りはお終い。
島のボスの所で大晩餐会。
こいつが最高美味かった、ここ数年で一番美味い食い物とキンキンっのビール。
あざっす!

3/22~26
相棒と別れ、沖縄本島へ。
キャンプ仲間達と合流。
二人の師匠達に遊んでもらう。
釣りも含め遊びの師匠の船で釣り。
↓こいつはセリに出るw

翌日は釣りと船のもう一人の師匠たちと昼遊びからの健康的夜遊び






 

ここは本当に最高な所、師匠達、仲間、海。今回はまた輪が広がったし。
沢山お世話になりましたみなさんあざっす!
からの観光。たまにはいい、てかすげー楽しかった。場所じゃなく行った相手達がおもろかった。
次は勝連城跡にも遊びに行きまーすっ!

あそこと、本島でおもっきり、歩いて、釣って、食べて、飲んで、笑って、感じてきた。
お腹いっぱい。
遊びすぎて羽田の駐車場で自分の車どこ止めたか忘れて探すこと40分・・・(笑)

顔と足と腕の皮が脱皮中ですがもうバタバタ働いております・・・がまた数日空きそう。
波乗りでもいくかなぁw